フレッシュネスバーガー新作を低糖質バンズのローカーボで食べてみた!【糖質制限 de ランチ】

1年 ago 佐藤 貴浩 フレッシュネスバーガー新作を低糖質バンズのローカーボで食べてみた!【糖質制限 de ランチ】 はコメントを受け付けていません。

[icon type=”fa-cutlery” color=”#2a85c7″ size=”32px” style=”plain” link=”” new_window=”true” ]全ての店舗で低糖質バンズのローカーボが販売開始してる!

 

 一部店舗のみのテスト販売だった低糖質バンズのローカーボがフレッシュネスバーガーの全店舗で販売開始してます。

 

ローカーボ登場!の記事

フレッシュネスバーガーの低糖質バンズの「ローカーボ」を食べてみた!【糖質制限deランチ】
 糖質半減!フレッシュネスバーガーの低糖質ハンバーガーが限定11店舗で実験販売中とな? ※2016年3月追記今ではフレッシ...

 

いやぁ、僕みたいな糖尿病や糖質制限者には本当にありがたいです。

これでランチの幅が広がったし、
今までのハンバーガーと言えば、モスバーガーの菜摘バーガーを愛用していたんですが、
やはりレタスで包んでいるのでパン無し。

バーガーって感じからすると少し寂しく食べていました。

フレッシュネスバーガーさんなら本格的にハンバーガーをかぶりつけます。

➕50円で全てのメニューのパンをローカーボに変更可能です。

 

 

[icon type=”fa-cutlery” color=”#348ac7″ size=”32px” style=”plain” link=”” new_window=”true” ]クラシックレーベル5年ぶりの新定番登場!!その名も「クラシックベーコンエッグチーズバーガー」

いつも数あるメニューの中で選んでいるのがクラッシックレーベルのチーズバーガー。

糖質制限には最適なんです。

糖質量考えると、一番糖質量が多いのがもちろん「バンズ」。

これをローカーボバンズに変更するとグッと糖質量が落ちます。
次に糖質量が多いのは実は「ソース」なんです。

クラッシックレーベルは自分で後からケチャップやマスタードで味を自分で好みに帰ることを前提に味付けされているので、ソースが含まれていない分、他のレギュラーメニューよりボリュームがあるのに糖質量が低いんです。

ソースが無くても問題無し!

塩胡椒とロースト玉ねぎとトマトがソース代わりになって、
ケチャップ足さなくてもめちゃくちゃ美味しいんです。

 

そんな食べ応え&低糖質を両立してくれるクラシックレーベルに5年ぶりの新定番が。

その名も「クラシックベーコンエッグチーズバーガー」
http://www.freshnessburger.co.jp/about/Information.html#01_0314

早速、食べて来ました!

 

image

表面をカリッと焼いたバンズ、カリカリベーコン、目玉焼きの白身香ばしさ。

そこにとろけるチーズと肉汁滴るハンバーグ。

カリカリとろっ。ジュワー。

食感も味もどちらも楽しい新定番でした!

 

これだけボリュームがあっても、ローカーボにすると糖質量が18.1g!
(通常のバンズだと32.8g)

フレッシュネスさんの様に客観的に数値で糖質量が公表されていると有り難いですね。

普段食べてる物が意外に高糖質だったりします。糖質量を知ると
糖質制限でも色々食べれますよ。

 

これで糖質0の発泡酒合わせれば立派なディナーにもなりそう。

糖質制限でもハンバーガーが食べられる幸せ。

皆様もよろしかったらぜひ。

 

旅するように暮らそう。
佐藤創作デザイン事務所Gerbera
佐藤 貴浩

 

★フレッシュネスバーガーのメニューで低糖質ランキング調べました!