会社案内

SCDO-top-image

 

佐藤創作デザイン事務所Gerbera が考える働き方

旅するように暮らそう。にこだわる理由

 

佐藤創作デザイン事務所Gerbera について

佐藤創作デザイン事務所Gerbera のサイトにお越しくださいましてありがとうございます。 
弊社はちょっと他のデザイン会社とは趣が違うかもしれません。

 

▶ 企 業 理 念

弊社では企業理念としてこの2つを掲げています。

売れるしくみをデザインし、相応しい表現媒体に落とし込む。ビジネるモデルからデザインするデザイン会社です。

1人1人が自分の人生のデザイナーである。の言葉を軸にスタッフ全員が自分の人生をより良くデザインできる働き方、ワーク・ライフ・バランスを獲得できるように全力を尽くす。これを「旅するように暮らそう。というスローガンに掲げています。

 

 

ビジネスモデルからデザインするデザイン会社って?

まず、コンペには出ません。

それとお仕事を受ける基準は予算の大小ではなく、

お客さまとしっかり共感・共有出来るか出来ないかで判断します。

「ぱっとデザインだけよろしく!」

この様なご依頼は別の会社をお探し頂くよう、ご返答させていただいています。

ちょっと生意気に感じますよね。

 

今までゲームやエンターテイメント関連の業界でディレクション、アートディレクションなどを一貫して関わってきて、
1回目の起業の時もたくさんのお客さまのデザインに関するお仕事をさせて頂きました。

その様々なプロジェクトの中でも、上手くいくプロジェクトと上手くいかないプロジェクト、どちらも経験しています。

「デザインを含むプロジェクトが上手くいくか、いかないかを分けるポイントは何処だろう?」

色んな要素があると思いますが、
デザインに関わる仕事をしている僕がその要因の中で、

一つだけ例を挙げろと言われたら「デザイン」という言葉のイメージする範囲が人それぞれ・・・

要するに「デザイン」という言葉が便利で守備範囲が広すぎる。

これを挙げると思います。

 

本来、WEBサイトやチラシなどの
「なぜそれを作成するのか?その制作物は自分の目的に寄与できるか?」という目的より、

ついつい見た目の事ばかり気にしてしまう、視覚的にきれいにする事をデザインと感じている人が多いかもしれません。

「デザイン」便利な言葉です。

 

そんな中で僕の考える「デザイン」とは情報や目的を伝える「手段」の一つだと捉えています。

本当は色々なことを考えて初めて、「目的を達成できる」デザインに近づくのだと思います。

 

新商品のチラシを例にとって考えて見ましょう。

お客さまで新商品が完成し、販売するために営業資料や配付目的としてチラシを作成するとします。

この場合に、チラシを作成する為に、僕がデザインを受ける場合は以下のことをお客さまからヒアリングしてデザインを進めます。

どんな商品なのか?
あったらいいなと感じる商品なのか? 
無くては困る緊急性や商品なのか?
商品に季節性や人生のタイミングによる「売れる旬」などがある商品か?

誰に向けた商品なのか?(お客さまのお客さまは誰なのか?)
ターゲットの年代は?性別は?職業は?趣味嗜好は?家族構成は? e.t.c…

販売する会社や商品をターゲットにどのようなイメージを持たれたいか?(ブランディングに通じます)
お客さまにどういう会社に見られたいか?信頼感?楽しそうな感じ?若々しい感じ?高級感?

どんな商品?誰に向けた商品?どんなイメージをもたれたい?

 

上記の様な内容をしっかりとクライアントと僕は詰めて行きます。

なので、デザインする能力以外にマーケティングやブランディングの知識と経験が必要になります。

それと合わせてクライアントでさえも考え切れていない大切な事柄を引き出すコミュニケーション能力と時間がデザインをする上で必須と考えます。

そこまでヒアリングして初めて、クライアントの目的にあった表現媒体(紙、WEB、映像等々)の手段を使ってデザインを進めます。

この手法だと、時にクライアントでも気付いていなかった強みや弱み、それらの再発見に僕が寄与する事が多々あり、とても喜んで頂けるコトが多いです。

 

このような「デザイン」の進め方ですから、とてもお客さまとのコミュニケーションと信頼を築く事が大切なのです。

お客様とのコミュニケーションと信頼を築く

そのため、冒頭の「ぱっとデザインだけよろしく!」っていう案件では、
お客さまの目的を達成できない「ただのきれいな紙」を納品して終わりになる場合が多くなるため、 他の会社をお探しになることオススメしている理由です。

 

  僕自身がゲームやエンターテイメント関連の業界で新規事業やブランディング・ECサイト事業の立ち上げを経験してきたので、どうしてもデザイン制作物を何の目的を達成する「手段」なのかと捉えて突き詰めることにとてもこだわりがあります。

ウチよりアートでパンチのあるデザインが出来る会社は他にたくさんいらっしゃると思います。

でもウチの事務所みたいにとことん「デザイン制作物を何の目的を達成する手段」として考えているデザイン会社は少ないです。

なので、ウチの事務所の一番にお客さまに寄与できるのが、
僕が企業顧問をしながら、経営者や事業責任者と二人三脚で 『事業立案』 → 『実行』 → 『分析』 → 『改善』 を顧問として携わりながら、その企業や事業の本旨の所から参画し、ビジネスモデルのデザインを構築するサポートして、ビジネスモデルをデザインするところから参画するからこそ出来るデザインワークが佐藤創作デザイン事務所の信条です。

このように「デザイン」を定義しているからこそ、この理念を掲げています。

 

 

経営者、事業責任者のみなさま|一度「外部の意見」を聞いてみませんか?

ネットショップのお悩みを相談したい方は既存事業の仕組みや効率化のご相談の方はブランディングやプロモーション等を相談したい方は従業員のワーク・ライフ・バランスの改善に関するご相談の方は

 

 

 

旅するように暮らそう。って?

僕自身が前の企業チャレンジの失敗や教訓からこの理念を掲げています。

このスローガンを理念に掲げるには僕の大きな失敗からの2つの出来事が発端にあります。

 

 一つは「看護と介護」。

看護と介護

前の起業の動機が「両親の闘病を支える」為でした。

母と父が同時に癌になってしまい、サラリーマンでは自由な時間など取ることも出来ずに、闘病生活を支えることが出来なかったから。
その動機も母を見送った後に、何のために経営者になったのだろうと燃え尽き症候群の様になりました。

 

 

 二つめは「障がいある息子のもしもに備えたい思い」。

障がいある息子のもしもに備えたい

僕が次の起業チャレンジに自分に課した課題があります。

「障がいある息子を男で一人で育てる事が出来ること」

 

離婚して、離れて暮らす息子の将来にいつ何が起きても慌てないように備えておきたい。

自分が出来る事は少ないと悲しむ自分がいましたが、泣くのなら、その少ないことを全部やり遂げてから。
そう自分と息子に誓いました。

そのためには今までのワーカホリックな仕事のアプローチでは無理。絶対に無理。

 

息子との時間を大切にしながら稼ぐ。
朝、息子を保育園に送り、お迎えをし夕飯は必ず一緒に食べる。
既に母は他界。
自分の体調も良くないと息子の将来に備えれない。

 

ワークライフバランスを変える必要がある。

時間と場所を自由にしないと。

 

今回のチャレンジではそれが実現出来る働き方、生き方を模索し、 必ず成し遂げようと試行錯誤を今も続けています。

 

そして、このことは僕だけに起きることでなく、 従業員やお客さまの人生にも起き得ることだと気付いたんです。

社長が色々チャレンジしたり旅したり自由にする会社は多いですが、従業員全員が同じようにしている会社は無いなぁ。
なら、自分の会社で従業員が人生そのときそのときに、自分に取って大切な事と働くことを両立する働き方を作ろう。

 

僕にとっては「息子と暮らすことに備える」が大切なこと。 誰かにとっては「趣味の充実」や「小さい頃の夢を叶える」でも良いと思います。

 

「人生そのときそのときに、自分に取って大切な事」を「旅」という比喩に置き換えて、
「時間と場所を自由にし自分がやりたいことを今すぐやる生き方」を 「旅するように暮らそう。」 というスローガンにしました。

 

それを理念に掲げることで、 従業員もお客さまも幸せになって貰えるように全力でワークライフバランスを追求するデザイン会社で有り続けます。

 

taka-prof

旅するように暮らそう。

佐藤創作デザイン事務所 Gerbera*
代表 / 経営コンサルタント / アートディレクター
佐藤 貴浩

 

 

弊社が実践するワーク・ライフ・バランスへの取り組みのご紹介

東京新聞(2016年12月13日付)にて、弊社の取り組みが紹介されました。

東京新聞掲載 佐藤創作デザイン事務所Gerbera*【メディア情報】東京新聞に掲載されました!
弊社のワーク・ライフ・バランスの取り組みが東京新聞に掲載されました!2016年12月13日付 東京新聞 朝刊の一面に、佐藤創作デザイ...

ワーク・ライフ・バランスを考えるイベントにて、弊社の取り組みが紹介されました。

おおたとしまさ×常見陽平「俺たちの働き方革命ナイト」イベントレポおおたとしまさ×常見陽平「俺たちの働き方革命ナイト」イベントレポ
おおたとしまさ×常見陽平 「俺たちの働き方改革ナイト〜ワーク・ライフ・バランス、イクメン現象の虚像を剥ぐ〜」 『ルポ 父親たち...

お灸をつかったマネジメント勉強会、定期開催中!

お灸男子【お灸でマネジメント 勉強会】第1回レポ
お灸でマネジメント勉強会 第1回目!先日お知らせしたイベント、 【お灸でマネジメント 勉強会】第1回が開催されました! 講師は...

 

 

ワーク・ライフ・バランスの取り組みを掲載! 弊社の会社案内を無料でお送りいたします お申込みフォームへ

 

 

弊社の業務内容や働き方についてご紹介しています。

経営コンサル+クリエイティブの現場から ワーク・ライフ・バランス実践ブログ ~旅するように暮らそう。~

 

 

会社情報

社名 佐藤創作デザイン事務所 Gerbera*
住所 〒180-0002
東京都武蔵野市吉祥寺東町3-15-23-101
TEL 0422-27-1631
URL http://gerbera.me