益子の窯元 つかもとで陶芸体験してきたよ!

7か月 ago はるか 益子の窯元 つかもとで陶芸体験してきたよ! はコメントを受け付けていません。

 こんんちは! はるかです。

11月にGerbera*スタッフは、新商品開発と勉強のため、栃木へ3日間旅してきました!その1日目は、益子つかもとさんで陶芸体験(ろくろ!)をしてきたので、写真たっぷりでレポートいたします。

 


 

益子のつかもと
で陶芸体験!

 

益子のつかもと

益子にあるつかもとさんでは、絵付け・手びねり体験もできるのですが、今回はろくろ体験をしてきました!

 益子のつかもとで陶芸体験

会場は光が差し込む、明るい教室!

た〜くさんの電動ロクロが並んでおります!

 

益子のつかもとで陶芸体験

教室内には、見本となるうつわがた〜くさん並んでいました!

どれも、とっても素敵!

同じような形でも、色が変わるだけで雰囲気がぐっと変わりますね。

 


 

ろくろをまわしてみよう!

 

益子のつかもとで陶芸体験

まずは、先生がお手本を見せてくださいます。

滑りが悪くなってしまうので、手は水をつけて、しっとりさせていることがポイント!

 

益子のつかもとで陶芸体験

真ん中に、親指でぐーっと、くぼみをつくって…

そっと外に広げて…

あっという間にうつわの形に仕上がりました!

 

益子のつかもとで陶芸体験

最後は、両手をピースの形にして、下から挟むように持ち上げるんだそうです!

そのときは、親指がつかないように気をつけて。

 

益子のつかもとで陶芸体験

いよいよ、私たちも ろくろに挑戦です!

過去に1度、ろくろの体験があるASAMIさんと、Gerbera*のボス 貴さん。過去の失敗点を思い出して、挑んでいました!ろくろをまわすスピードを自分で調整できるのですが、わたしは初挑戦だったので、2人よりもゆっくりのスピードでつくっていきましたよ。(ちなみに今回は3人ともつなぎです♪)
 


 

Gerbera*スタッフの
制作した作品はこちら!

 

益子のつかもとで陶芸体験

▲ 制作:貴さん

3つともスタイリッシュ!

色は黒を選んでいたので、さらにビシッとかっこよく決まりそうです!

2つ並んで使ったときのイメージもばっちり。さすがアートディレクター。

 

益子のつかもとで陶芸体験

▲ 制作:ASAMIさん

ころんと丸いフォルムが女性らしいですね♪

つかもとさんでは、希望すれば取っ手をつけてくださるので、ASAMIさんはマグカップにしたようです。また、焼き上げる際に底の部分はすこし削って調整してくださるそうです。

 

益子のつかもとで陶芸体験

▲ 制作:はるか

わたしは、平皿はどうやってつくるのかとっても気になったので、すこし高さのある平皿に挑戦してみました!薄くて、高さのない平皿になると難易度が上がるそうですよ。横にひたすらに、ぐぐぐ〜 っとゆっくりのばしていくのが面白かったです!とっても集中力使いました〜。

 

 

選べる6色

益子のつかもとで陶芸体験

ちなみに、色は6色から選べます!

どの色も、素朴だけどもしっかりと存在感を感じますね。

どれにしようか、どこで使おうか…そんな風に焼き上がりをイメージして迷う時間も、また、楽しみの1つですね。

 

焼き上がりの作品が届くのは、約2ヶ月後とのこと。

作品が届いたら、また記事でお知らせします♪

 


 

登り窯や工房を見学!

 

益子のつかもと 工房見学

陶芸体験が終わったあとは、登り窯や工房のなかを見学してきました!

こちらは、どなたでも見ることができますよ。

 

益子のつかもと 工房見学

こちら、「登り窯」と言うそうです!

斜面に、段々と窯がつくられています。

 

つかもとの登り釜はガス釜や電気釜と違って、薪を使い作品を焼き上げます。窯焚きは約四日間かけて焼成します。一日目・二日目は壁に使われているレンガの湿気を飛ばし、三日目に備え壁をよく温めます。 三日目から四日目は夜通し火が入ります。薪の本数や窯に入る空気の量を調節し徐々に温度を上げ、約1,300度まで温度が上がり釉薬が十分に溶けたら、薪を入れる穴(焚口)を塞ぎ終了します。

職人はどのようにして温度を確認するかというと、温度が高くなれば高くなるほど窯の中は白く明るい色に変化していくため、その炎の色を見て判断をします。 登り窯は山の斜面に作ることで炎の余熱を余すことなく利用できる窯の構造になっています。つまり少ない薪の数で多くの作品を焼き上げる事ができる効率的なものです。 
引用元:つかもと 登り窯について

 

益子のつかもと 工房見学

なんだか顔みたい!

入り口はこんな風に塞ぐのかな。

 

益子のつかもと 工房見学

知らないことがいっぱいあって、勉強になりますね!

 


 

つかもと本館で
作家さんの作品が買える!

 

益子のつかもと 本館

 

つかもと本館ではお買い物も楽しむことができます。

作家さんの作品が所狭しと並んでいるので、自分のお気に入りのうつわや、箸置き、花瓶、ペンダントを探してみてくださいね。同じデザインでも、1つ1つ違いますよ。

 

余談ですが… この日、ボスの貴さんから「いつも頑張っているから1つ、好きなのを選んでいいよ」とプレゼントしてくださいました。今回栃木に来れなかったスタッフのお土産も!

つかもとで購入した、益子焼きのカップ

わたしは、ずんぐりむっくりした、どんぐりのカップを選びました。

フォルムとどんぐりとカラーリングに…完全に一目惚れです。

自宅勤務日の金曜日と、朝の時間に使っています。

お気に入りのうつわで過ごす時間、暮らしがちょっぴり楽しくなりますね!

 

つぎは、益子 春の大陶器市に行きたいな〜!と密かに計画を練っています。

ちなみに開催期間は2017年4月29日(土)~5月7日(日)ですよ♪

 


 

益子焼き窯元
つかもと

〒321-4217
栃木県芳賀郡益子町益子4264 

http://www.tsukamoto.net/

 TEL: 0285-72-3223
毎週木曜日定休

 

▼陶芸体験に興味のある方はこちらから
http://www.tsukamoto.net/potter/

 


 

関連記事

   

2大プロジェクト始動!KUDEN-口伝- & Gerbera*セレクトショップ
Gerbera*が長年温めていた計画がついに始動いたします!1つは日本の伝統技術を進化させ、後世に伝えていく“KUDEN-口伝-”プロジェク...

  

職人技_口伝の軌跡商品開発レポート 〜口伝の軌跡〜 vol.1
 こんにちは!デザイナー・イラストレーターの はるかです。11月にGerbera*スタッフは、新商品開発と勉強のため、栃木へ3日間旅し...

 


 

旅するように暮らそう。
佐藤創作デザイン事務所Gerbera
はるか
by はるか