「残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋‐」小野不由美作品初の実写映画化!2016年春公開

2年 ago 矢野 せな 「残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋‐」小野不由美作品初の実写映画化!2016年春公開 はコメントを受け付けていません。
おはようございます!

秋生まれの私はここからどんどん元気になります!編集部のセナです。

さて、度々私から紹介させて頂いている小野不由美さんの「鬼談百景」(関連記事:「鬼談百景」/小野不由美~屍鬼の作者が贈る怪奇小説)ですが、その「鬼談百景」とリンクしている「残穢」の映画化が決まりました!

本日はそんな映画「残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋‐」の情報をまとめ読みしたいと思います。

映画「残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋‐」

 

f66e878f-ce9a-4e1e-ae2a-6abc143faf39

©2016『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋‐』製作委員会

映画『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋‐』2016年1月30日(土)全国公開より引用

あらすじ

その「音」に気づくまでは、日常でした―――-

小説家である「私」のもとに、女子大生の久保さんという読者から、1通の手紙が届く。

「今住んでいる部屋で、奇妙な”音”がするんです」

好奇心を抑えられず、調査を開始する「私」と久保さん。

すると、そのマンションの過去の住人たちが、引っ越し先で、自殺や心中、殺人など、 数々の事件を引き起こしていた事実が浮かび上がる。

彼らは、なぜ、”音”のするその「部屋」ではなく、別々の「場所」で、不幸な末路をたどったのか。

「私」たちは、数十年の時を経た壮大なる戦慄の真相に辿り着き、 やがて、さらなる事件に巻き込まれていく――。

映画『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋‐』2016年1月30日(土)全国公開より引用

先日紹介したリンク作品「鬼談百景」は短編集でしたが、こちらの「残穢」はドキュメンタリータッチのホラー長編。

実はこの「残穢」、小野不由美さんの中では初めての実写映画化作品となるそうです!

今までも「十二国記」シリーズや「屍鬼」といった作品がアニメ化していましたが…そういえば実写映画では見たことがなかったかもしれません…!

(夫・綾辻行人さんの作品が映像化していたせいかそんな気が全くしませんでした)

読者の想像力を強制的にフル回転させる小野さんの文章が、

はたしてどの様な映像になっているのか…楽しみで仕方ありませんね!

監督は「チーム・バチスタの栄光」シリーズや「白ゆき姫殺人事件」の中村義洋

中村監督はこれまでに…

  • チーム・バチスタの栄光
  • ジェネラル・ルージュの凱旋
  • ゴールデンスランバー
  • 白ゆき姫殺人事件
  • 予告犯
  • アヒルと鴨とコインロッカー
  • フィッシュストーリー

といった作品を手掛けております。 ミステリーから青春映画まで、幅広く活躍していらっしゃいますね! そんな中村監督本格的ホラーというのは本作が久々の担当。 原作者の小野不由美さんも

「映画化したいですね」と編集さんに言われたとき、

「中村監督ならねー」と夢物語で応じたら、なんと実現してしまいました。

それも嬉しいけど、中村監督が久々にホラーに戻ってこられたのが更に嬉しい。幸せです。

映画『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋‐』2016年1月30日(土)全国公開より引用

と語っております。 中村監督と竹内結子さんは「チーム・バチスタの栄光」シリーズで既にタッグを組んだことがあり、お互いの事をよくよく知り合った監督と女優さんの息の合ったコンビネーションも楽しみですね。

特設サイトで見られるビジュアルイメージ…竹内結子さんと橋本愛さんが本当に美しい!

このキリッとした眼差しがどうなっていくのか…気になります!

そんな期待待ったなし!な今作…予告映像が公開されています!

うう~ん、ちらちらと映るキャラクターの表情もなんとなく恐いし、竹内さんが電話を持って怯えている姿が何とも言えません…映画を見た後、自分もこうなるのでしょうか…。

原作:「残穢」/小野不由美

待望の文庫化!

さて、最後に原作について少し触れさせて下さい!

実は今年の7月末、先に紹介した「鬼談百景」とあわせ、この「残穢」も文庫版が発売しました!

残穢 (新潮文庫)

残穢 (新潮文庫)

  • 著者小野 不由美
  • 価格¥ 637(2015/08/25 13:40時点)
  • 出版日2015/07/29
  • 商品ランキング840位
  • 文庫359ページ
  • ISBN-104101240299
  • ISBN-139784101240299
  • 出版社新潮社
鬼談百景 (角川文庫)

鬼談百景 (角川文庫)

  • 著者小野 不由美
  • 価格¥ 605(2015/08/25 13:40時点)
  • 出版日2015/07/25
  • 商品ランキング1,021位
  • 文庫336ページ
  • ISBN-104041033756
  • ISBN-139784041033753
  • 出版社KADOKAWA/角川書店

因みにこの「鬼談百景」の解説は稲川淳二さんです…気になる!

新潮社公式サイトで立ち読みもできます!

「残穢」は第26回山本周五郎賞を受賞した作品。

選考委員の石田衣良さんに

「この本を自宅の本棚に置くのは嫌だ」

と言わせたという逸話が有名ですね。

「残穢」は新潮文庫のサイトで試し読みが出来ますので、購入を迷われている方はコチラで立ち読みしてみましょう!

小野不由美『残穢』|立ち読み|新潮社

中段の「立ち読み」ボタンで読むことが出来ます!

原作を読んで映画を待つもよし、映画を見てから原作を楽しむもよし…

是非ご自分なりにこの「残穢」を楽しんでくださいね!

「残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋‐」

公式ホームページhttp://zang-e.jp/

公開:2016年1月30日(土)

出演:竹内結子、橋本愛、坂口健太郎、滝藤賢一、佐々木蔵之介

監督:中村義洋

原作:小野不由美

脚本:鈴木謙一

音楽:安川午朗

配給:松竹

制作:ザフール

製作:2016「残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋‐」製作委員

製作幹事:ハピネット

________________

**eyecatch image by しみるけい**

編集者:セナ

旅するように暮らそう。Gerbera*

________________