「臨床犯罪学者 火村英生の推理」前半戦の山場「朱色の研究」を振り返る!

1年 ago 矢野 せな 「臨床犯罪学者 火村英生の推理」前半戦の山場「朱色の研究」を振り返る! はコメントを受け付けていません。

おはようございます!
ついに3月に突入♪
既に春の気分になりヒートテックを装備せずに外出しました、編集部のセナです!

 

さてさて、少し間が空いてしまいましたが…ドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」が前回遂に、前半戦の山場を迎えましたね!
今回は2週に渡って取り上げられたストーリーを振り返ってみたいと思います!

 

 

*これまでの関連記事*

※ドラマ、原作の核心には触れない様に配慮しておりますが、多少のネタバレを含んでおります。予めご了承下さい。

 

 

第6,7話 「朱色の研究」

 

 

ストーリー

 

朱美(山本美月)から、2年前に知人が殺されて未解決になっている事件を調べてほしいと頼まれた火村(斎藤工)。ある日の早朝、火村宛てに謎の電話がかかってくる。
電話を受けたのは、アリス(窪田正孝)。
謎の電話は「今すぐオランジェ橘の806号室へ行け」とだけ言って切れた。
オランジェ橘は、火村が朱美から依頼された事件の関係者が住んでいるマンションだった。
謎の電話を自分に対する挑戦状と受け取った火村は、アリスとともにオランジェ橘へ向かう。

ストーリー|臨床犯罪学者 火村英生の推理 | 日本テレビより引用

 

当然、そのオランジェ橘では事件が起きているわけです。

そこには貴島朱美(演じるのは山本美月さん)の叔父であり、事件の関係者でもあった山内陽平(演じるのは大高洋夫さん)の遺体が…!

火村が教え子の朱美から依頼を受けると同時に新たな事件、過去の事件が一気に展開していきます。
第6,7話を通してみると、実に3つの事件が複雑に絡まり合っているのが今話の特徴!

 

朱美(山本美月)の叔父・陽平(大高洋夫)が殺害された“夜明け前の殺人”、2年前に朱美が慕っていたピアノ講師・夕雨子が殺害された“黄昏岬殺人事件”、6年前に朱美が遭遇した未解決の放火事件“真夜中の放火犯”。
朱美の周りで起きた3つの事件はつながっていると考えた火村(斎藤工)は、アリス(窪田正孝)らとともに黄昏岬へ向かった。

ストーリー|臨床犯罪学者 火村英生の推理 | 日本テレビより引用

 

この3つをどうひも解いていくか…見ていると若干複雑に感じるかも?

要は「古い事件が次の事件を引き起こしている」と考えるとわかりやすいかもしれません。
そして全ての事件に関わっている朱美…彼女がこの3つの事件で果たしている役割は何なのか…それをよくよく考えましょう…!

 

 

 

タイトルの粋!空の色を想起させる事件名

 

  1. オランジュ橘で山内陽平が殺された夜明け前の殺害事件」
  2. 2年前もピアノ講師の大野夕雨子が殺された黄昏岬殺人事件」
  3. 6年前に宗像庄太郎が焼け死んだ真夜中の放火犯事件」

 

“夜明け前”“黄昏”“真夜中”…全て空の色を頭で思い描かせるような名前がついていますね。

朱美がトラウマとして抱える「朱色」真夜中”の事件で植えつけられ黄昏”=「夕暮れ」へと続き…そして今回の夜明け前”へと進むというわけです。
なんとも粋な名前です…!
私の見落としでしたら申し訳ないのですが、原作では一つ一つの事件にこんな呼び名はついていなかったような…?

その代わりと言っては何ですが、プロローグに「夕景」、終章に「遠い太陽」、そしてエピローグには「落日」という名前がついています。

ドラマでも原作でも、タイトルの妙を感じますね♪

 

 

 

火村の内面が垣間見えた瞬間

 

さて今回は小野刑事(通称小町さん。演じるのは優香さん)が火村の内面に関して疑問を投げかけていましたね。

ドラマの言葉を借りると火村は

「殺人の衝動は否定しない」
からこそ
「実際に行動にうつす犯人を憎む」
のだとか。

その考え方に小野刑事は「一緒に捜査出来ない」とまで思いますが、とある人物の言葉を聞いてまた少し考え込んでいました…詳しくはドラマで確認してみてくださいね!

ドラマで随所に出てくる火村の妄想?夢?の様な描写に関して、原作では本人の口から語られるシーンがあるのですが、それはまた後のお楽しみということでしょうか?
シャングリラ十字軍の諸星(演じるのは長谷川京子さん)とのエピソード辺りで出てくるのかもしれませんね。

 

 

ドラマ版の犯人は全員●●●??

 

ちょっとした小ネタではあるのですが…ここまでドラマで取り上げられた事件。
犯人の共通点がありますよね!

一応ネタバレの為文字色を白にしておきますので、知っても大丈夫だよという方のみ選択して読んでみて下さい。(大したものではありませんが…!)

ここまでの犯人は  全員男性ですよね

ドラマの視聴層などとの兼ね合いなんじゃないかな~なんて思いますが、次回以降どうなるか、また1つチェックポイントが増えたので楽しみです♪

 

 

 

原作情報

 

 

遂に、満を持して登場した「緋色の研究」前後編の大ボリューム
まさにドラマ版火村の山場の1つでしたね♪

これから終盤戦…シャングリラ十字軍関係の事件に向かって益々盛り上がっていくこと間違いなし!

原作共々、まだまだ火村英生は私達を楽しませてくれそうですね♪