場内作業場からロジスティクスへ

10か月 ago 佐藤 貴浩 場内作業場からロジスティクスへ はコメントを受け付けていません。

 

時代が変わり、人材と場所が余ってしまった。 現状のリソースで新規事業を展開したい。

 

ガラッと空いてしまった倉庫のライン

競合企業との競争もあり、印刷の単価も下がってきていて、以前のようになかなか業績が上がらなくなってしまった。
そして他社との競争に打ち勝つため、印刷だけではなく印刷物をパッケージやアソートして発送という場内作業を多くのパートを雇い行っていた倉庫のラインはガラッと空いてしまった。

でも人はいる。
倉庫のような場所がある。
Pマークも取得している。
このような現状あるリソースを再活用し新規事業を作れないかとの相談を受けました。

 

場内作業からロジスティクスへ

そこで「在庫管理システムを導入し、空いた場所と人材を使ってロジスティクス(物流活動の一元管理ができる物流センター)として活用する。」という新規事業を提案させて頂きました。

弊社ではその物流ラインの中で使われるシステム構築のディレクションから運用、そのシステムを使う従業員の教育、また営業戦略のアドバイスまで行っております。

現在、その倉庫では場内作業を行っていたラインの場所と人材を活用し、大手のアパレル会社の什器の保管~管理~ピッキング~発送という一連の業務を受託する物流ラインとして生まれ変わりました。

 

 

★こちらの記事もあわせてどうぞ

一度失敗したネットショップを再構築

書籍や講義などの内容をオンライン講座という商品へ

 

 

 

経営者、事業責任者のみなさま|一度「外部の意見」を聞いてみませんか?

ネットショップのお悩みを相談したい方は既存事業の仕組みや効率化のご相談の方はブランディングやプロモーション等を相談したい方は従業員のワーク・ライフ・バランスの改善に関するご相談の方は

 

 

まずは一度ご相談ください お問い合わせはこちらから

 

※本相談でお話しいただいた内容は社外秘とし、外部に漏れることはありません。
※事業相談は初回のみ無料、時間は1時間程度となります。
※都内近郊でのご相談は弊社で交通費を負担いたしますが、遠方への移動となる場合交通費をご請求させていただきます。あらかじめご了承ください。